前田ハウジング株式会社

ライブリー

介護サービスについて

介護が必要と感じたら、まず、介護認定の申請をしましょう

サービスご利用までの流れ

介護が必要と感じたら・・・

申請をします

状態を調査します

● 訪問調査 ● 医師の意見書

審査判定をします

認定結果を通知します

  • 要支援1・2

    介護予防サービス
    地域密着型介護予防サービスの利用

    介護予防サービス・
    地域密着型介護予防
    サービスの利用

    地域包括支援センター
    などへ依頼

    担当者が、本人の心身や生活状況、家族の意見を踏まえてサービス提供機関と調整のうえ計画をたてます。

  • 要介護1〜5

    居宅サービス・地域密着型サービス・施設サービスの利用

    居宅サービス・
    地域密着型サービス
    を利用

    居宅介護支援事業者などへ依頼します。担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)が本心の心身や生活状況、家族の意見を踏まえてサービス提供機関と調整のうえ計
    画をたてます。

    施設サービスを利用

    施設内で担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)が本人に適した計画をたてます。

  • 非該当(自立)

    介護保険サービスは
    利用できません

    介護保険によるサービスは利用できませんが、地域支援事業や市の保健・福祉サービスが受けられる場合があります。
    ※詳しくは、高齢者支援課へお問い合わせ下さい。

介護認定には有効期間があります

有効期間を過ぎると、介護保険のサービスを利用することができなくなります。引き続きサービスを利用する場合は、認定の有効期間満了の60日〜30日前に更新申請をしてください。改めて訪問調査や審査判定を経て認定(認定結果の通知)を行います。また、有効期間内であっても、本人の状態が大きく変わった場合などは、認定の変更申請ができます。

※更新申請及び変更申請の手続き・手順は、最初の認定申請のときと同じです。

以下のイメージをダウンロード

改修・用具についての詳しい情報はこちらをご覧下さい。

以下のイメージをダウンロード

改修・用具についての詳しい情報はこちらをご覧下さい。